にしざわの日記

どうしろと…

De Niro

 

 はあ。疲れたね、なんか。

 疲れたの? 疲れないよ。何にもしてないじゃん。

 そうだな、疲れてないな、言われてみりゃ。

 

 *

 

 アンタさあ、どうすんの? 映画。

 うーん? どうするって? 今からなんか観に行く?

 違うよ、映画どうすんのって。撮るんでしょ、映画。

 撮る? 撮んの? 僕。映画?

 映画撮ることになったって言ってたじゃん! デ・ニーロと!

 デ・ニーロ! デ・ニーロ?

 デ・ニーロってったら一人しかいないじゃん。そのデ・ニーロだよ!

 デ・ニーロが? 僕と? わかんないよ、なに?

 言ってたじゃん! アンタの書いた脚本が採用されたって! 監督も任されたって!

 え? で、主演がデ・ニーロなの?

 そう。

 え! そんなバカみたいな話なくない? 夢じゃん。ないよ。

 そう、アタシもあり得ないと思ったよ、でも、アンタがいろいろ証拠って言ってさ、見せてきたんじゃん。なんか、書類とか、金とか。自慢してきたじゃん。

 金?

 札束持ってたじゃん。

 え、現金なの? ふつうなくない? 知らないけど、ふつう口座振り込みじゃないの、そういう金って。

 知らないよ。はあ、意味わかんない。自慢してきたじゃん。デ・ニーロと撮んだぜ、って。

 そうだっけか。

 そう。思い出しなよ。

  

 *

  

 そうだったな。思い出した。嫌すぎて忘れてた。

 ほらー。どうすんの?

 どうしよう。ヤバいんだよ、全然ノウハウがわかんない。何から始めればいいんだろう。

 なんか誰かに聞けば?

 誰に聞きゃいいかもわかんないよ。きみ、知ってる?

 知らないよ、映画なんて観ないもん。

 僕だってそんな観ないよ。はあ。

 じゃあなんでアンタ監督任されたの。

 デ・ニーロたっての希望なんだってよ。

 へえ。意味わかんないじゃん。

 ね。

 なんでよ。

 知らないよ。こわいよ。しかもさ、デ・ニーロさ、もう役作り、始めてんだって。

 え! やるんだ、役作り。やっぱ。

 しかも、三か月前から。もう。

 三か月前? え、いつ?

 今から、三か月前。から。映画化の話が出た直後から。

 え、何の役なの?

 僕。

 は?

 僕の自伝的な物語だから。

 は? え? アンタ、そんな波乱万丈なアレなの?

 違うよ、別に。ふつう。

 ふつうなの? え、役作りしてんの? デ・ニーロ。

 そう。

 怖いじゃん。意味わかんない。

 怖いよ。マジで。ふつうに過ごしてても、さ、ずっと誰かに見られてる気がすんだよ。

 へえ!

 だいたいデ・ニーロが僕の脚本を気に入ったわけがわかんないよ。マジでつまんないしさ、日本語だし。

 英訳とかされてたんじゃない?

 なことないよ。マジでつまんないもん。

 マジでつまんないんだ。なるほど。

 だからさ、わかんない。なんでですか、ってデ・ニーロに聞いても、ただ笑うだけなんだもん。

 話すんだ? デ・ニーロと。

 話すよ。ずっと僕の周りにいるんだもん。たまに鉢合わせてさ、挨拶してさ。

 え、今もいる?

 今はどうかな。年末だし、帰国してんじゃない? でさ、たまに鉢合わせて、なんでですか、って聞いても笑うだけなの。『マイ・インターン』んときみたいに。

 あ、観た! あの謎の笑み!

 そう。あれ。肩すくめちゃってさ。で僕、言うのよ、映画、ちょっとまだ撮れそうにないです、って。

 なに、その言い方! どうしてやんわりなの? なんか、いずれは撮れる、みたいな。

 しょうがないんだよ、怖いもん。

 怖いか。怖いね。

 怖い。

 で、デ・ニーロ何て言うの? 映画まだ撮れません、って言ったら。

 また謎の笑み浮かべんの。別にかまへん、みたいな。イッツオーライ、って言ってんの。

 へえ! なんかもう。

 ね。

 その優しさが怖いじゃん。謎じゃん。

 ね。もうここまで来たら断るなんてあり得ないからさ、たぶんいつかは撮らなくちゃいけないんだろうけど、なかなか無理。マジで嫌。

 がんばってよ。貰ったお金もあんでしょ?

 うん。だからやるしかないけど。

 待っててもらうしかないね。

 うん、役作りしててもらうしかない。まあいいや。

 へえ?

 なんかこの状況慣れてきたな。

 へえ?

 一生このままでもいいかもしれない。

 ハハハ。